システムトレードや高レバレッジで勝負!海外FXに挑戦したい

友人や知人が海外FXに手を出し始めました。わたしも海外FXをやりたいなと思ったのですが、あまりにも無知で調べても調べてもなかなか自分でやるまでには至らずといった状態にいます。

調べている最中に知ったのですが、システムトレードといって自動売買で処理させる方法があるそうなのです。

自動売買ですからプログラミングをして、その法則によって自動的に売買するようにするんです。
実はわたしは多少プログラミングができるのですが、海外FXについての知識がありません。

そう思いながら調べていたらそのシステムトレードのプログラムそのものを販売しているサイトがあるんですね。

そういったものを利用すれば1からプログラミングをする必要もありませんし、だいたいどのくらい利益が出るのかという指標のようなものも見えていますので大きく損をすることもないのではないかと考えています。

こういうものをベースにまずは海外FXに挑戦してみたらどうだろうと考え始めました。

まだまだ調べている段階ですので少し先の話になるかもしれませんが、いまから楽しみで仕方がありません。

海外FXの業者は世界中でたくさんあります。今やインターネットさえあれば日本からでも取引することができますが、海外業者であるゆえ、何を基準に選んでよいのかお悩みの方も多いと思います。当サイトでは安全性や信頼度の高い海外業者を厳選し、サービス内容を多角的に検証・比較しています。

参考:海外FXランキングnavi

FX取引では建玉の値上がり値下がりだけではなく、スワップポイントによって受け取り、支払いが生じます。

スワップポイントとは金利差のことです。通過によって違いますが、だいたい買建の場合は受け取り、売建の場合は支払いになります。建玉を翌日に持ち越すと発生します。

値動きの激しい通貨は私はなかなか長く持てませんが、値動きがあまりない通貨は買建てで保有し、スワップポイントで利益を得ることもできます。スワップポイントは僅かではりますが建玉をたくさん保有している場合はバカにはできません。

とくに売建で建玉を持った場合は、翌日に持ち越す場合、きちんとスワップポイントも考えたうえで決済しないと、思ったよりも利益が少ないということがあります。値動きはもちろんですが、スワップポイントにも注意しながらの取引をおすすめします。

友達が某ネット証券を利用していました。そこは比較的分かりやすい表示方法になっていたので取引がしやすかったそうです。やはりFXをやるにおいては表示がわかりやすい会社選びは外せないということなのだと思いました。

円安によりFXブームが到来し、儲かった人マイナスになった人たくさんいると思います。
友達のはなしを色々と聞いてきて私は、海外FXの口座をつくることにしました。

海外FXの利点は、レバレッジが日本だと25倍、海外だと400倍以上など元手が少なくても多額の資金でFXが出来る点が利点だと思います。

そのため、デイトレことデイトレーダ毎日FXを行う方には持って来いだと思います。
しかし、日本でもレバレッジの規制が緩かったときがあったようで、その時に多額のマイナスになってしまう方もたくさんいたようです。

そのため、海外FXは高いレバレッジで運用できることがプラスだと思いますが、どうしても投資は生ものと言われるものなのでリスク管理はしっかりと行わないとしくじったときが大変だと思います。

損切のルールを決めることが大切だと思います。

しかし、そのルールを守りながら海外FXで高レバレッジで攻めれば、一気にお金持ちの仲間入りのチャンスがあるかもしれません。